【Blog】ソフトブレーン社「宋 文洲のメールマガジン」で連載をはじめました。

Blog Media掲載

アーキタイプ・コミュニケーションズ 代表取締役の小堀です。
ソフトブレーン社「宋 文洲のメールマガジン」で、連載をはじめさせていただきました。

仕事がら、文章を書くことが多いのですが、こうして自分の文章を書くことは
ほとんどありません。メルマガの読者でもあり、居心地の悪い思いをしています。

さて、弊社では日本企業向けに『ユーチン(世論の意味)』という中国の口コミを
収集するサービスを提供しています。中国4億人のインターネット人口が利用する
微博(ウェイボー)をはじめ、掲示板や主要メディア52,000以上のサイト上で
情報発信、調査、分析、危機対応を行っています。

昨日このウェイボー上で大気汚染に関連する日本製品を調べていましたら、
20分ほど前に書き込まれたウェイボーへの投稿で、こんなものがありました。

「北京の中産階級、バラ色の人生とは:年収1.7万米ドルで、家持ち車持ち
iPad一台。カルフールで買い物をし、ウォルマートのSam’s Club(倉庫のような
大型店舗で大量の商品をまとめ買いするスタイルの小売店、自家用車がないと
利用しづらい)の会員になる。

子供は欧米に留学し、ルイ・ヴィトンのバッグにiPhone4、シャープのPM2.5対応の
空気清浄機と、N95のマスク。健康保険あり。BMWに乗って、まだお金があったら
気になる女性を食事と映画に誘おうか。」

年収1.7万米ドルでそんな暮らしができるのか、まだiPhone4なのか、運転手は
いないのか、突っ込みどころは多々あるにせよ、こうした書込みをワールドワイドな
企業は見逃さず、商品開発やインバウンドマーケティングに生かしています。

尚、現在空気清浄機とN95のマスクは売り切れが続いています。


« »