【Blog】 “3月15日は「中国消費者の日」” を、寄稿させていただきました

Blog Media掲載

本日配信されたソフトブレーン社 メルマガ 宋メール 
第220号に “3月15日は「中国消費者の日」” を
寄稿させていただきました。

今回配信分は、2週間後にソフトブレーン社サイトに掲載されます。
詳細はこちら http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/
をご覧下さい。

       3月15日は「中国消費者の日」

日本でも報道された「全人代(全国人民代表大会)」会期中の先週3月15日は
「315=サンヤオウー」と呼ばれる「消費者権益日」、中国消費者の日でした。
115ヵ国が参加する国際消費者機構の定める国際消費者権利保護の日です。

この日が近づくと、大手ポータルサイトでは、「315特集」という派手な色彩
のバナー広告がトップページを飾り、センセーショナルな「告発レポート」記
事が並びます。15日の夜の8時にはCCTV(国営テレビ局、中国中央電視台)で
特別番組「315晩会」が放映されます。

昨年は北京にあるマクドナルド店舗が廃棄期限の偽装、大型スーパーの仏カル
フールが食品の保証期間など、食品の安全問題として取り上げられ、大きな打
撃を受けました。外資系企業がターゲットとなる可能性が高いため、食品、電
化製品、消費材関連企業はまさに戦々恐々。まさかウチだけはないよねと言い
つつ、いつどんな報道が「来る」か、はらはらしながら過ごすという、実に担
当者泣かせの日なのです。

(続く)


« »