【Blog】「2ちゃんねる用語とちょっと異なる『タオバオ体』」を寄稿しました

Blog Media掲載

5月24日に配信された、ソフトブレーン社 メルマガ「宋メール」第224号に
「2ちゃんねる用語とちょっと異なる『タオバオ体』」 を
寄稿させていただきました。

連載コラムすべては

http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/list.html

でご覧頂けます。(第219号より224号まで連載)
=========================

まだ5月というのに、先週北京の日中気温は33度。ほんの数週間前は部屋の中でも
(布団の中でも)ダウンを着ていたのに、北京の寒暖の激しさには驚かされます。

少し古い話題になりますが、今年教育部(日本の文科省に相当)が発表した
「中国言語生活状況報告書」*によると、2011年には594の新しい言葉が生まれたそうです。

同報告書で昨年から話題となっている「タオバオ体(タオバオは、中国最大の
ショッピングサイト。このサイトで使われる特殊な言い回しのこと)」は、
社会を反映する言葉として注目されました。

たとえば、「親qin(チン)」という字は、タオバオ上では売り手側の「親愛なるお客様へ」
という表現が短くなったもの。英語のYouにあたる言葉として、80年代、90年代生まれの
若者に浸透、何と上海の警察署では指名手配書にも使われたそうです。

続きは、 http://www.softbrain.co.jp/mailmaga/back224.html#c2 でご覧下さい。


« »